インフォメーション

WordPressでシステム開発!WP10を世界に広める影山さんインタビュー

影山 貴久
大手金融会社の営業で実績を積んだのち、ベンチャー企業へ転職。当時顧客であったプレスマン役員清水と意気投合し、IT部門の営業としてプレスマンへ入社。営業畑一筋で現在、10倍速のシステム開発を行う「WP10」のリード獲得に奮闘中。

大手金融からベンチャーであるプレスマンへ入社


ーー 本日はよろしくお願いします!まず、自己紹介をお願いします。
事業基盤ソリューション部のITコンサルを務めている、影山です。

もともとは、大手金融会社で営業の仕事をしていましたが、もっと自分の力を試したい!新しいことにチャレンジしてみたい!という思いから30代前半で大学の先輩が起業したしたベンチャー会社誘われ転職を決め、その後プレスマンに入社しました。

ーー おお!大企業からベンチャー企業へ!環境がガラリと変わりそうですね!
正直、家族は反対していましたが、一度きりの人生やりたいことをやろう!と考え、新しい世界へ飛び込んでいきました。

ちなみにプレスマンを知ったきっかけは、当時勤務先だった先輩のベンチャー会社で請けた問合せをもとに、営業訪問した先がプレスマン取締役の清水さんだったんです。

数年の飲みニケーション期間(笑)を経て、プレスマンで働かないかと誘いを受け、IT事業の営業として入社しました。

ーー 入社前から取締役の清水さんとご縁があったんですね。ちなみに、プレスマンの入社を決めた、「決め手」はなんだったんですか?

決め手は2つあって、 1つは自分当時やっていた仕事と近かったので、自分の知見や実力が活かせると思ったこと。

もう1つは、清水さんの人柄や仕事や対する想いを長い付き合いの中で知っていたので、やりがいを持って働ける確信があったからですね。

ーー 素敵なエピソードですね。プレスマンの営業はどういったスタイルなんですか?
プレスマンの営業は、例えばアポイントをガツガツ取って、新規開拓をするような一般的な営業とは違って、顧客深耕型の営業スタイルでした。

今は、プレスマンから能動的に新規見込を取りに行く営業にシフトしており、より営業コンサルとして顧客課題の発見と提案スキルが重要になっています。

当時は営業と言っていましたが、今でいうITコンサルですね。

ひとつの案件だけでなく、その案件を皮切りに色々な部署に入って課題を解決するコンサルの役割う提案型の営業を得意としています。

ITコンサルとして今、取り組んでいることは?


ーー 今、影山さんがITコンサルとして注力していることは、どんなことですか?

今は、「WP10」の新規の案件を取ることに最注力しています。

顧客課題に対してWP10が提供できる価値をしっかりと伝わる様に、トークスクリプトや資料に反映させ日々活動しています

ーー なるほど、新規開拓を行なっているんですね。そのために、どんなことを行なっているんですか?

課題を抱えているお客様が、私たちのサービスにより早く辿り着けるようにするためのwebページの構築や整備も行っています。

これらの営業の動きを「仕組み」として形作っていくことも同時に行っています。

ーー 仕組みづくりって、口で言うのは簡単ですが、設計など大変そうですね。
まあ、大変ですね!

WP10 のコンセプトは「高速開発」なので、営業も高速でないとダメですよね。

そのための仕組みをゼロから作るのは楽しいですよ。自分で思ったことを実際に試して、形に出来るわけなので。

営業速度が上がることが、WP10の10倍速でのシステム開発を達成させる一端でも有ると思ってます。

課題を10倍速で解決する「WP10」の魅力とは?


ーー 10倍速の開発で顧客の課題をスピーディーに解決する「WP10」って、ズバリ一言で言うとどんなものなのか教えてください。

WP10とは、ズバリ「従来の開発方法と比べて「10倍速」での開発を可能にする、プレスマン独自の開発メソッド」です。

1からオリジナルのシステム開発をするスクラッチ開発と異なり、WP10では「なるべくコードを書かない」ことで高速開発を行います。

それを可能にするのが、プラットフォームとして活用する「WordPress」です。

エコシステムが世界的な規模感で存在するWordPressだからこそ、日々進化するプラグイン(拡張機能)を活用してよりスピーディーな開発を実現できるのが大きな魅力ですね。

WP10はどんな人をハッピーにするんですか?


ーー プレスマンの行動指針のひとつに「誰かのハッピーを想像する」とありますが、このWP10はどんな人をハッピーにしていくものですか?

広くて、深い質問ですね。(笑)

抽象的な答えになってしまいますが、課題を抱える全ての人にハッピーをお届けできると思います。

具体的には、それぞれの課題を見極めて、仕事がしやすくなるようにしてあげること、結果として組織の課題解決、売上を上げる、非効率解消を図って上げられればハッピーにできと思います。

ーー 「課題を抱える全ての人」!素敵ですね。そのハッピーを加速していくために取り組んでいることや、課題などはありますか?
とにかく営業をして相手の課題を解決する提案をすることです。

まだまだWP10の実績がなく足りないので、実績数を増やしお客様への説得力を増していくことが課題です。

様々な業界に提案をしているんですが、業界ごとのリアルな課題のリサーチがまだまだ足りないと思っています。

ぜひ、各業界の困っていることのネタ帳が欲しいなと思っています。(笑)

今後の目標は?


ーー 最後に、影山さんの今後の目標を教えてください。

営業の型を編み出すことです。

ただ型を作ることが目的ではなく、型ができたその先には、WP10の進化と、会社のさらなる発展を描いています。

ーー 次のチャレンジをする一歩としての目標が、この「営業の型をつくること」なんですね!
そうです!下地をしっかり作って様々な冒険やチャレンジが出来る地盤としていきたいですね。

色々な変革が起きている今の風にどう乗るか、勝負の分かれ目だと思います。

ーー 未来へ続く目標、私も力になれるようサポートしていきます!本日はありがとうございました。

ABOUT ME
落合 悠加
営業部、Webマーケティング部を経て、採用・PRを担当。プレスマンのミッションである「IT×人力で世界を変える」チャレンジを、社内外に発信・浸透をしています。人と関わったり、つながりをつくることが好きなので、採用を通してたくさんのご縁を作っていければ嬉しいです。