インフォメーション

2020レビューと2021アクション(第1Q)

2021年。本年もよろしくおねがいします。
1/5からのスタートに当たり、考えていることを記しておきます!

まず最初に、2020年も多くのトピックスに挑戦しました。

①組織の役割を8機能に分化 ②4つのジョブローテ実施でメンバーのπ型キャリア化 ③WordPress開発のプラットフォーム WP10と累積23plugin開発 ④マッチングプラットフォーム系自社サービスNOCODO(α版) ⑤場dev系自社サービスLOD(社内β版) ⑥NoCodeECとSNSマーケの融合型自社サービス Sukketto(β版) ⑦AI×WordPress

挑戦の成果は、2020年には収益には現れませんでしたが、これらの挑戦を背景に、ビジネス連携、共創へのお誘い、求職者への訴求力UPなど、我々の無形の価値(期待値のようなもの)は、高まり続けています。挑戦文化、率直なコミュニケーション文化は、一朝一夕に他社に真似できない希少な強みです。

2021年については、楽観的に考えています。今日、明日に一喜一憂、反応するのは無駄な疲弊や、本質を見誤ると考えていて、6ヶ月、12ヶ月で見れば、組織や世界は必ず良くなります。これは歴史が証明しています。実際、少なくとも2022年には世界は大復活することが予想されています。でも挑戦や変革を続ける準備された組織、人にしか成果、恩恵は訪れないんですよね。海でより良い波に乗るには、沖で波に揉まれながら機会を待つのです。波打ち際で、チャポチャポ水遊びしていても次のビッグウェイブにはのれない感じです。

2021年の詳細計画のメンバーへの発表はこれからですが、これまでの取り組みに加えた2021年の思考のほんの一部を紹介します。

分化の次の一手はプロ集団

多様性を活かせるのはプロ集団のみ。一貫性や実効性を高め期待と信頼を得る集団にチェンジする策を打ち続けます。
具体的アクションは、「会議体のゼロイチ再起動」「予実KPI管理改革」「余白創出バッテキ」「2021シンCore Valueリリース」

採用はショッキングに

CCO職を設け透明高く本質の追求を連呼してきました。より高みを求めることで、たくさんの優秀な共感メンバーと仲間になること進めます。
具体的アクションは、「ハイキャリア媒体の活用」「2年計画の営業,BizDevインターンシップ開始」「社内外からの社長職候補の募集」など

社内と世界の接続

2018〜2020は、タイ、ベトナム、台湾、ハワイ州に接点、足掛かりを創りましたが、フリーズ状態。次の具体的アクションは、自社サービスにグローバルをプラス。例えば、生活関連EC、1次産業ECなどで世界をねらいます。

しつこく&長期視点で次の点を打つ!

点と点はすぐには繋がらないが、必ず繋がる!ことを証明してきたプレスマン。
次の点は、金融サービス(BaaSなど)、SFチックなビジネス、分散レンダリング

お金とリターン

自動化、無人化、遠隔化。IT技術者集団であるプレスマンがリードできる領域で社会、メンバー、顧客へのリターンをカタチにします。具体的には、挑戦&余剰型のダイナミックプライシング。社内DXの社内外へのシェア。チェンジメーカーへのリターン。

あれもこれもやりすぎ?と時々言われます。必要と感じ、好奇心とエネルギーが溢れるからやるのですが、その分うまく行かないこと、方針転換も多々あります。
それでも長期的には変革、代謝を繰り返し発展してきました。考え悩みながらも期待と成長実感が溢れる2021年にします。

代表取締役兼CCO 関口 茂

ABOUT ME
関口 茂
株式会社プレスマン代表取締役。