サービス

45日間でインスタフォロワーを1,200人まで増やした方法から学ぶ、フォロワーの増やし方

コロナで自粛期間が続いている中、SNSを使うことが増えた人も多いはず。

昔はmixiなどから始まったSNS。

いまではTwitterやFB・インスタグラム、tiktokなど非常に大きなマーケットになっています。

この巨大なマーケット、上手く使いこなせれば、事業者にとってはたくさんのファンを作る絶好のプラットフォームですよね!

ですが、どのようにフォロワー数を伸ばせばいいか悩んでいる方も多いはず。

この記事では、プレスマンがマーケティング支援をして、実際に45日間でインスタグラムのフォロワーを、100人弱からいっきに1,200人に増やした経験(現在も増加中)をもとに、

  • どのようにインスタグラムのフォロワーを増やしたらいいのか
  • インスタグラムの適した運用方法

を紹介していきますよ!

https://www.instagram.com/necktiecom_official/

プレスマンが運営サポートしているインスタアカウントはこちら

ターゲットを選定する

まず初めに、みなさんに考えてほしいのが、

「誰に対してインスタグラムを発信したいのか」

を考えてほしいのです!

女性向けの商品でも、何十代の人がターゲットなのかだとか、その年代の人はどういったものが好みだとか。

個人の方でも、どんな人に見てほしいのかをしっかりとイメージしてください!

このどんな人にの部分がブレブレだと、インスタグラムの投稿もブレッブレになってきてしまいます。

インスタグラムの投稿は毎日の積み重ねがとても大切です。

だからこそ、自分の想像ができないターゲットにすることは危険でもあります。

自分がイメージしやすいターゲットを設定することで今後の投稿がやりやすくなる場合が多いので、自分では全くイメージができないターゲット層は極力避けるようにしていきましょう!

アカウントのコンセプトを統一する

ターゲットが設定できたら、投稿する画像のコンセプトを統一していきます。

このアカウントのコンセプトというのは、とても重要で、全体のアカウントのトーンといったら分かりやすいでしょうか?

それが統一されていると、その世界感を好んでくれるファンがつきやすいです。

実際に例を見ていきましょう!

投稿のコンセプトが統一しているアカウント

こちらは旅行メディアのじゃらんの公式インスタアカウントです。

見てもらうと分かるとおり、日本の絶景がたくさん載っています!

https://www.instagram.com/jalan_net/

この投稿に共通しているのは

  • 日本の綺麗な景色の画像を投稿する
  • サイズはスクエアに統一している
  • 文字入れなどせずに、風景写真だけを投稿する

これはほんの少しの共通点を列挙しただけですが、毎回違う写真を投稿しているのに一定のルールを守っているのがわかりますね!

では、もう一つほど、コンセプトを投稿しているアカウントを見てみましょう!

https://www.instagram.com/shabon_official/

こちらは、shabon(シャボン)と言われる美容メディアのインスタグラムです。

先ほどのじゃらんのアカウントとはうって変わって、文字が目立ちますね!

shabon(シャボン)アカウントの特徴としては

  • 必ず投稿に文字入れがしてある
  • 商品の使用した感想や色味がしっかりと載っている

という点が挙げられると思います!

このように、どのようなコンセプトで統一するのかは、アカウントの世界感を好きになってもらうためにも必要です!

トレンドとしては2番目に紹介したshabon(シャボン)のような文字入れしているアカウントのほうが好まれますが、

まずは、自分が継続して投稿できるかという点を考慮しながらコンセプトを練ってみてくださいね!

1日1投稿は基本中の基本!

ターゲットや投稿するコンセプトが決まったら、ここからは継続していくことが重要です!

1日1投稿は基本中の基本!

これは当たり前のレベルです!

でも、毎日画像を入れて投稿文を考えてとやっていたら、労力もモチベーションも保つことができません、、

そこで、FBが提供しているクリエイターズスタジオを利用してください!

クリエイターズスタジオは、インスタの予約投稿や下書き保存ができるツールです。

1週間の投稿を事前にクリエイターズスタジオで登録しておき、予約投稿などしてインスタを運営する労力を少しでも軽くしてくださいね!

負担になってしまっては、続けたくても続けられなくなってしまいますからね!

ハッシュタグは30個バランスよく活用して

投稿には、必ずハッシュタグをつけるようにしましょう!

ハッシュタグとはキーワードの前に#(ハッシュタグ)をつけることで、インスタグラムでは、このハッシュタグを使って自分の興味があるものを検索することができます。

例えば、バレンタインの投稿をみたいと思ったら、#バレンタインで検索をします。

するとバレンタインの#(ハッシュタグ)がついている投稿が一覧で表示されるのです!

その下にどのくらいの数のバレンタイン投稿があるかも記載されていますね!

なんと302万件以上!

この投稿数が多ければ多いほど、競合がたくさんいると捉えてください。

だってそうですよね、他にフォロワーのたくさんいるアカウントがバレンタインと投稿していたら、その画像のほうが上に表示されるので自分のアカウントなんて見てもらえません。

ハッシュタグをつけることは、新たに自分のアカウントを見てもらうためです。

ハッシュタグは1投稿に30までつけることができますから、そのチャンスを存分に活用してください!

ただ、その時に先ほど載せたような大きいキーワードばかりではダメです。

大きいキーワードばかりでは、自分のアカウントを見つけてもらう可能性は格段に下がります。

なのでまずはバランスよく、

  • 数十万前後の投稿件数のキーワード 10個
  • 数万前後の投稿件数のキーワード 10個
  • 数千・もしくはそれ以下の投稿件数のキーワード 10個

合計30個のハッシュタグを入れてみるように心がけましょう!

逆に少なすぎるのもNGですよ!

投稿件数が2とか3件しかない投稿は、そもそも検索されない可能性が高いので、しっかりと検索されるであろうキーワードを狙うことが重要です。

クリエイターズスタジオで投稿の分析も欠かさずに

ここまで来たら、PDCAサイクルが重要になっていきます。

良い投稿は何だったのかを分析して、活かしていくということですね。

インスタグラムの分析はもちろん、いいね!やフォローの数を見ていくことも重要ですが、それ以上に、どのくらい新しい人に見てもらえたかが重要になります。

どのくらい新しい人に見てもらえたかは、クリエイターズスタジオで確認することができます。

クリエイターズスタジオで投稿すると、各投稿がどのくらい他のアカウントにリーチしたのかを数字で確認することができます。

リーチ数だけではイメージがつきにくいので、個人的には%(パーセンテージ)でみるのがおすすめです。

下の写真では、42%ものまだフォローされていないアカウントにリーチできたことがわかります。

この数字は高いもので、5%だとかいけば上々なんですよ!

インスタグラムの運用の考え方としては、

フォロワーはすでにフォローしてくれているので投稿を見るのは自然なこと。新しいフォロワーを見つけるために、どれだけその投稿を、まだフォローしてくれていない人に届けるかが重要なんです!

このパーセンテージを見ることで、ハッシュタグが有効に活躍しているかも把握できますね!

同じハッシュタグをずっと使っていて、「あなたをフォローしていない人」の数字が5%以下でずっと止まっている人は、ハッシュタグを変更する必要があると思います。

ハッシュタグは1度の投稿だけでは最適かどうかはわからないので1週間など続けてみて反応をみることをおすすめしますよ!

フォロワーが増えてきたら広告運用も検討してみて

フォロワーが順調に増えてきたら、広告運用も検討してみてください!

インスタグラムの広告は1日最小100円~始めることが可能です。

予算も1日いくらと設定できるので広告費がかかり過ぎてしまった!なんて心配もありません。

スマホからもすぐに広告配信できるので、他の広告に比べて使いやすいです!

どんな風に広告運用していけばいいかは、また記事にしていきますね!

困ったらsketto(スケット)に相談してみてください!

プレスマンでは、オンラインショップ開設支援サービス、sketto(スケット)をリリース!

オンラインショップを開設して、SNS運用をしたいけれど、何をしたらいいかわからない。。

そんな人のためのサービスです!

2021年2月28日まで、「食」に関する業者さん向けに無料で先着100名様にオンラインショップを開設するキャンペーンを実施中!

この機会をお見逃しなく!

スケット詳細ページ

 

ABOUT ME
ありー
webマーケティング部ディレクター。webサイトのライティングやディレクションなどの経験を経て、現在はデジタルマーケティング領域でEC立上から運営、SNS運用を手掛けています。猫好きです。