スタッフブログ

マーケティングの仕事をしたいけど何をしたら良いの?って悩んでる初心者のキミへ②

マーケティングの仕事をしてみたいけど、どうしたら良いのか右も左もわからない…というあなたへ、マーケティングの仕事って何? どんな人が向いているの? という話を前回させていただきました。

じゃあ次は、実際にこれからマーケティングの仕事をしてみたい! と思っている人のために今から具体的にできることをお話したいと思います。

マーケティングは座学で学べるのか?という話。

マーケティングは座学で学べるのか?という話。

学びたい!と思ったら日本人がまず考えること。

それはだれか教えてもらう「先生」を探し、「教科書」を探して100点を取れるように勉強する! じゃないでしょうか。

しかし残念ながら、マーケティングには教科書も先生も存在しません。それどころか「正解」も「100点」をつけてくれる人もどこにもいないのです。

だから実はマーケティングのスクールに頑張って通ったところでそれほど現場の実践には役に立ちません。(もちろんすべてが無駄になるわけではないですが)

じゃあどうしたらいいの? って思いますよね?

それは「教科書もないけどまずやってみる」「教えてくれる人を探さないで自分で学ぶ」です。

前の記事でも話しましたが、マーケティングは実験と検証を繰り返すしかありません。

そして新しいことにどんどんチャレンジし、間違えてもくじけない勇気も必要です。

ならば自分だけで実験と検証を繰り返せる「場」を作るしかないんです。

個人のメディアを持ってみよう

個人のメディア、って書くと難しそうですが、子どもの頃自分だけの「日記」を書いたことはありませんでしたか?

個人のメディアって自分だけの「日記」を戦略的にたくさんの人に見てもらう場、に過ぎません。

今は国民全員が自分のメディアを持てる時代。そして運の良いことにそのメディアを簡単に作るツールもたくさん揃っています。(プレスマン的に言うとNoCodeですね)

個人で持てるメディアは、ブログ、SNS、YouTube、電子書籍出版…といろいろありますが、YouTubeは動画が得意な人以外はなかなかハードルが高いので、今回はブログとSNSに絞って説明しますね。

個人のSNSでフォロワー3000人を目指す

個人のSNSでフォロワー3000人を目指す

SNSはいろいろありますが、TwitterでもInstagramでもかまいません。自分で一つSNSを作り、まずはフォロワー3000人を目指してみてください。

どんな発信をしてもかまいませんが、フォロワーを集めやすいのは発信するジャンルを1つに絞る、ということ。

コスメが好きならコスメの事だけを、ディズニーが好きならディズニーの事だけを、車が好きなら車の事だけを、ひたすら発信します。

普通に発信していれば1年くらいでフォロワー1000人は行くので、いろいろ工夫して3000人まで増やしてみてください。

フォロワーを3000人にするにはかなり考えて工夫しないといけませんが、自分だけのメディアではどんなに失敗しても誰にも怒られないし、リスクもゼロです。

お金もかからないので実験と検証を繰り返すには最高の場です。

ブログ(自分のメディア)で月5万以上稼いでみる

ブログ(自分のメディア)で月5万以上稼いでみる

もしかしたらブログでお金を稼ぐのはちょっと難しいかもしれません。だからできる人はYouTubeでもいいし、ライブ配信でもいいと思います。

ただ、誰でも始めやすくて簡単にできるので、今回はブログをチョイスしました。

大事なのは、自分のチカラで自分のメディアでお金を稼ぐ、という体験をすることです。

普通に働いているとお給料は会社からもらうもの、お金は普通に給料日になったら銀行に入ってくるもの、と思いがちですが、自分のチカラでお金を稼ぐと全く違う感覚が身に付きます。

また、自分でメディアを作るということは、同時にツールの使い方もマスターしなければいけません。

ブログならWordPressにHTMLに簡単なCSS、自分でバナーを作ったりするならPhotoShopの使い方も学べるし、YouTubeをやるなら自分で動画編集のスキルが身についたりも。

また、写真をキレイに撮るためのカメラスキルなども身に付きます。

自分のメディアを収益化するため、という目標に向かう間に知らず知らずのうちにたくさんのスキルが身につくんです。

これは、目的もなく勉強するよりも、目的があって手段のためにスキルを身につけるほうが遥かに効率も良いしまた応用が効く人になれます

座学で勉強するより100倍身につくのでおすすめです。

新しい事に恐れずチャレンジするクセをつけよう

これは、元々新しい事にチャレンジしたり失敗を恐れたりしない人は必要ないかもしれませんが、そうでない人は新しい事に恐れずにチャレンジするクセをつけてほしいのですが、なかなかそんな場が今はないんです。

なので、わたしのおすすめは「スマホを持たずに一人旅」です。

スマホを持たないで一人旅をする(できれば海外)

スマホを持たないで一人旅をする

これ、実は10年前には普通にできてたことでした。

おすすめは海外ですが、今は少し難しいので、離島などおすすめです。遠くてマイナーであればあるほど効果があるので、小笠原などもおすすめ。

今はスマホがあり、何でもスマホで調べられるので海外旅行のハードルも下がったし、あまり頑張らなくてもどこにでも行けるようになってしまいました。

それはとても良い事なんですが、旅に出て新しいチャレンジを繰り返す、ということができなくなってしまったんですね。

なので、家にスマホを置いて本だけを持って旅行、というものをあえてやってみてほしいです。

旅に行くといろんなハプニングがあり、特に海外では言葉もわからない、土地勘もわからないので自分で考えて行動していかないといけなくなります。

スマホがないと前が見えなく予想ができなく、とても不安になると思いますが、逆にそれが新しいことにたくさんチャレンジする練習となるので、ぜひやってみてくださいね!

まとめ

マーケティングという仕事は多岐に渡りますが、マーケティングには正解はありません。

また、新しいことに果敢にチャレンジし、実験と検証を繰り返しながら自分の答えを見つけていかないといけません。

適正があるので全員がマーケティングに向いているわけでもないですが、もしもやってみよう!と思った場合はまずは自分のメディアを作ってみたり、スマホを置いて一人旅をしてみたりして身近でできることから練習してみてはどうでしょうか?

ABOUT ME
伊藤 佳名子
プレスマンVPoM、個人事業の両立をしているパラレルワーカー。マーケティングとメディアが主なお仕事。フリーランスでライターもしています。専門領域はアフィリエイト(広告主側、メディア側共に)です。趣味は海外旅行とBABYMETALの追っかけ。最近ディズニー沼に落ちたDヲタ。