スタッフブログ

ChatGPTをEC現場で活用するには?はじめてGPTを利用するEC担当者はどうする?

今話題のChatGTPですが、EC現場で活用したい!と考えている方も多いのではないでしょうか。しかし、どうやって活用していいか悩んでいる、という方も少なくないと思います。

実はChatCPTはたくさんのEC現場で活用が可能です。今回はEC現場で活用できるChatGPTの効果的な使い方をいくつかご紹介します。

EC現場で活用できるChatGPTの効果的な使い方

ECの商品説明文にChatGPTを利用する

ChatGPTを商品説明文に利用することが可能です。

まずは商品のターゲット、特色、SEOキーワードなどをGPTに入力し、一度GPTに説明文を作ってもらいます。

その後微修正を加えて自社サイトに利用する、という使い方です。

ここでのポイントは何回かGPTに命令をし直して文章を思った通りに仕上げること、GPTが作った文章をそのまま使わないこと、関連商品の説明文が既にあればそれを一度GPTに読み込ませるなどの工夫が必要です。

ChatGPTでECの商品説明文を作成するプロンプト例ECサイトを運用していて商品説明文をChatGPTが書いてくれたらいいな…と思ったEC担当者もいるのではないでしょうか。今回はChatG...

SNSの投稿文にChatGPTを利用する

ChatGPTはSNSの投稿文に利用するのも有効です。

まずは売っている商品の説明、何文字までの文章で書いてほしいか、ターゲット、目的などをGPTに入力して文章を作成します。XだったらX用の短い文章、Instagramだったらそれなりの長い文章などを作成します。

GPTの作った文章はそのままだと不自然なので一度手を加えて利用することが大切です。

また、Instagramで利用するハッシュタグの生成にもChat GPTはとても便利です。作って欲しいテーマのハッシュタグを10個~15個生成して投稿文に利用するのがおすすめです。

なお、ChatGPTは最新の薬機法や景表法の情報は持っていないので美容・健康系のECを運営している企業は薬機法違反になっていないか必ず人の手でチェックしてからSNSに投稿をしてください。

EC担当者がSNSにChatGPTを利用するプロンプト例EC担当者の方は毎回毎回SNSの投稿文章を考えるのに膨大な時間を取られていて、この作業がGPTでできれば…と思った事はありませんか?実は...

メルマガのタイトル、本文の作成にChatGPTを利用する

メルマガのタイトルや本文の作成にChatGPTを利用するのもおすすめです。

過去にコンバージョンの高かったメルマガのいくつかをGPTに読み込ませて、今回のキャンペーン内容を入力したのちにメルマガのタイトル、本文の候補を複数出力してもらいます。

こちらも一度人間の手で修正が必要ですが、大量にメルマガを作成する企業担当者にとってはとても便利な機能になるのではないでしょうか。

また本文についてはGPT任せにせず、あくまでサポート程度に利用を留め最後は人間の手で完成させることをおすすめします。

ChatGPTを活用したECメールマガジンの効果的な作り方とプロンプトEC担当者のみなさんはメールマガジンを作る時に一度はChatGPTの力を活用したいと思ったことがあるのではないでしょうか?今回はAIツー...

カスタマーサポートにChatGPTを利用する

カスタマーサポートにChatGPTを利用するという方法もあります。

AIチャットボットにChatGPTを組み込み、顧客の質問にスムーズに答えてもらうという利用法です。

カスタマーサポートの負担を減らし、人材のコスト削減につながりますが、ChatGPTに顧客対応のためのマニュアルを読み込ませたりするという手間が必要ですので最初の設定に少し時間がかかってしまうかもしれません。

また、ChatGPTは人間ではないため想定外の質問が来る場合もありますので完全にGPT化するのではなく人間が対応する窓口を作っておくことで顧客のクレームを減らすことができます。

EC担当者がカスタマーサポートにChatGPTを利用する方法ECサイト運営者のみなさまはカスタマーサポートにChatGPTを使って少しでも負担を減らしたい…と思った事はないでしょうか?今回はEC担...

SEO対策用のコンテンツ作成にChatGPTを利用する

ChatGPTにSEO対策用のメディアコンテンツ作成を担ってもらうこともできます。

事前に必要なキーワード、内容、ターゲットなどを準備してタイトルと骨子の作成をGPTに担ってもらいます。GPTから出力された内容を微修正して利用します。

ここでのポイントは本文までGPTに書いてもらう事はしない、ということです。あくまで骨子(見出しとタイトル)までに留めて中身は自分の手で書くことをおすすめします。

また、GPTでは最新の薬機法や景表法を考慮できませんので、化粧品や健康食品を扱う企業が利用する場合は一度社内の薬機法、景表法担当者の目を通しておくことが必要です。

ChatGPTを使ったECサイトのSEO対策オンラインショップを運営している皆さん、商品をもっとたくさんの人に見てもらいたいですよね?そのためには、SEO対策がとても重要です。 ...

GPTsを利用して自社だけのGPTを作る

ChatGPTはそのまま利用することもできますが、自社の情報を読み込ませた自社EC専用のGTPをGPTsで作ることができます。有料版のみの機能ですがとても便利なので、先にGPTsで自社専用のGPTを作成しておくことをおすすめします。

EC担当者が自分だけのMYGPTを作るGPTs(GPT Builder)の作り方ChatGPTの新しい機能であるGPTs(GPT Builder)をご存じでしょうか?必要な設定をし、データを読み込ませれば自社だけのC...

EC現場で活用できるChatGPTの効果的な使い方まとめ

ChatGPTはEC現場で活用可能なシーンが多数あります。

上記に挙げた以外でもプレスリリースの作成、FAQの自動生成、パーソナライズされた商品提案とリピート買いの促進、顧客とのエンゲージメントの向上、顧客とのコミュニケーション強化、顧客データの収集と分析など。

多数のEC現場に活用が可能なGhatGPTですが、事前のトレーニングデータ入力をしっかり行ったり、自社に合わせてカスタマイズしておくなどがとても大切です。

またGPTの作ったデータを過信せず必ず人の手を入れて修正をすることがとても大切です。AI任せにすることはせず、必ず人間の手と二人三脚で運用していきましょう。

ChatGPTを活用したい企業様はこちらからお問合わせ下さい

ABOUT ME
伊藤 佳名子
プレスマンWebマーケティング部マーケター。ネットでモノを売るプロ。SNSが得意で3ヵ月でTwitterのフォロワーを4000人増やした実績あり。会社員と個人事業の両立をしているパラレルワーカーでもあります。コスメオタクでディズニーオタク。海外旅行マニアなのでコロナ明けに旅立てる事を願っています。